5049e1b6.jpg

ジョン・コンスタブル

19世紀のイギリスの画家。「カンスタブル」と表記することもある。

 同時代のウィリアム・ターナーとともに、19世紀イギリスを代表する風景画家である。

 西洋絵画の歴史においては、神話、聖書のエピソード、歴史上の大事件や偉人などをテーマとした「歴史画」が常に上位におかれ、「風景」は歴史画や物語の背景としての意味しか持っていなかった。

17世紀オランダでは風景画が発達したが、ヨーロッパ全土で風景画が市民権を得るには、フランスのバルビゾン派、イギリスのターナーやコンスタブルが登場する19世紀を待たねばならなかった。

コンスタブルは、ロンドンの北東にあるサフォーク州イースト・バーゴルトに裕福な製粉業者の子として生まれた。

コンスタブルは1776年画家を志すのは比較的遅く、20歳の時、商売を覚えるためロンドンへ出たときに、ジョージ・スミスという風景画家に出会ったのがきっかけという。

1799年、23歳の時、ロイヤル・アカデミー附属美術学校の見習生となり、翌年には正規の学生となっている。

アカデミーの展覧会に初めて出品したのは1802年、26歳の時であった。

ターナーが27歳にしてロイヤル・アカデミー正会員となっているのに対し、コンスタブルは1819年、43歳の時にようやくロイヤル・アカデミー準会員となった。正会員になるのはさらに10年後の1829年、53歳の時である。

ロマン派色が濃く、劇的な画面を創造したターナーに対し、コンスタブルは終生、故郷サフォーク周辺の身近な風景を描き続けた。

野外での制作を始めたこと、刻々と変化する光の効果を捉えようとしたこと、パレットで色を混ぜ合わせるのでなく、画面上に異なる色価の筆触を並べる(たとえば微妙に色調の異なる緑のタッチを併置する)など、その制作態度や技法は印象派に先駆するものといえる。

 代表作『乾草の車』は、画家の地元サフォークの平凡な風景を詩情豊かに描き出したもので、1821年、母国のロイヤル・アカデミーに出品した時は全く話題にならなかったのに対し、1824年、パリのサロン(フランスの官展)に出品された時は、絶賛を浴び、ロマン派の画家ドラクロワにも大きな影響を与えている。


Francois%20Boucher1

フランソワ・ブーシェ

ロココ時代のフランスの画家。

1703年、パリに生まれ、1770年、同地で没する。

1723年ローマ賞を受賞し、1727年からローマに3年ほど滞在した。

(「ローマ賞はフランスの絵画アカデミーにおいて若手の登竜門となっていた賞で、受賞者は国費でローマ留学ができた。)帰国後は、ポンパドゥール夫人をはじめとするパトロンの庇護を受け、上流社会の肖像画や神話画などを優雅なタッチで描いた。

メートル・ド・プレジール(快楽に奉仕する画家の意)の称もある、フランスロココ絵画の典型的な画家である。

多作家として知られ、油絵のほか、壁画装飾、タピスリーの下絵制作などの仕事も多い。


Frans%20Hals1



フランス・ハルス

17世紀のオランダの画家。

ハルスは、オランダ絵画の黄金時代を代表する画家の1人で、レンブラントよりはやや年長ながら、ほぼ同時代に活躍している。

オランダのハールレムで活躍し、作品にはハールレムの住人を描いた肖像画が多い。

人々の生き生きとした表情を捉える描写力は卓越している。代表作の「陽気な酒飲み」は、モデルの人柄まで伝わってくるような名作である。

ハールレムの名士を描いた集団肖像画も多い。

ハルスの作品のほとんどは散逸しており、もともとどれくらいの作品が描かれたかも分っていない。

シーモア・スリーブ (Seymour Slive) によって1970年から1974年に編纂された現在最も信頼されているカタログによると、222枚の作品がハルスの作とされる。もう一人のハルスの権威であるクラウス・グリム (Claus Grimm) の 'Frans Hals. Das Gesamtwerk' (1989年) によると、この数はもっと少なく145作品となる。

ハルスが風景画、静物画、または物語を題材にした絵画を描いたかどうか正確には知られていないが、おそらく描いてはいないと思われる。

17世紀オランダの多くの画家は、専門性を持っていた。

ハルスもまた、純粋に一つの画風にのみ注力した。

個人の肖像画から、2つのペンダントをお互いにかけ合う結婚したカップルや、ライフル協会の5つの連作、理事と理事婦人の肖像画 (3作品) などの人物の風景など、彼はひたすらに人を描いた。

一般的にこれらの肖像画は、作家、市長、聖職者、貿易商人、知事など中流から上流階級の人々からの注文で描かれている。

たとえば、自身のグループの肖像画を発注した、少なくとも将校か下士官と思われるライフル銃兵達もまた、いくらか上流で裕福な階級の出身である。

ハルスはまたしばしば風俗画も描いた。浜辺の漁師の子供や、八百屋の女、ハールレムの農夫、Malle Babbe (ハールレムの魔女) など、卓越したセンスで描かれた作品が残っている。

これらもまた肖像画とも言えるだろうが、より「日常の瞬間」を切り取った点が特徴である。

↑このページのトップヘ